保温保冷(熱絶縁)に関する工事、資材販売、資材製造を行なう事業者で組織された団体の一般社団法人日本保温保冷工業協会

トピックス

[国土建推第27号]  下請契約及び下請代金支払の適正化並びに施工管理の徹底等について
[国土建労第1106号] 下請け代金の決定に当たって公共工事設計労務単価を参考資料として取り扱う場合の留意事項について

 国土交通省では、法律の整備や「建設業取引適正化センター」の設置など、建設業の取引の適正化の推進、建設労働者の就労環境の改善と適正な競争環境の整備に努めています。しかし、元請下請間において赤伝処理等による一方的な代金の差し引き、指値発注による不適切な下請取引、追加・変更契約の締結拒否、下請負人の責に依らないやり直し工事の強制、正当な理由がない長期間にわたる支払保留等、下請負人へのしわ寄せが依然として存在するとの指摘がなされています。
 また、建設業における労働災害は長期的には減少してきているものの、未だ不適切な施工や安全管理の不徹底に起因する工事現場における事故の発生しており、施工管理のより一層の徹底が求められています。
 このようなことから、関係法令やガイドライン等を遵守し、下請契約における請負代金の設定及び適切な代金の支払い等元請下請取引の適正化並びに施工管理のより一層の徹底に努めるよう通達が発せられました。。