保温保冷(熱絶縁)に関する工事、資材販売、資材製造を行なう事業者で組織された団体の一般社団法人日本保温保冷工業協会

トピックス

[周知]6月下旬からの大雨による災害復旧事業における入札及び契約の取扱いについて

 本年6月下旬からの大雨及び今後想定される降雨に関する災害復旧事業については、手続の透明性・公正性等にも配慮しつつ、相当数の事業に係る入札及び契約を短期集中的に行う必要があります。
 被災地域では、調達環境の変化や作業条件の制約等により、現行の積算基準をそのまま適用することが適当でない場合が考えられることから、積極的に見積を活用して積算するなど、施工地域の実態に即した実勢価格等を機動的に把握し、適切な予定価格の設定に努めること等を、各都道府県等に対し、添付のとおり発せられています。
 会員の皆様におかれましても、周知方お願いいたします。

【概要】
(1) 6月下旬からの大雨による災害復旧事業における入札及び契約の取扱いについて
 災害復旧事業については、手続の透明性・公正性等にも配慮しつつ、入札及び契約を短期集中的に行う必要があります。そのため、当面の災害復旧事業の入札及び契約についての基本的考え方が、取りまとめられています。
(2) 6月下旬からの大雨による被災地域での建設工事等における予定価格の適切な設定等について
 本年6月からの大雨による被災地域では、調達環境の変化や作業条件の制約等により、現行の積算基準を適用することが適当でない場合が考えられることから、積極的に見積を活用して積算するなど、実態に即した実勢価格等を把握し、適切な予定価格の設定に努めるよう都道府県等に対し、発せられています。
(3) 6月下旬からの大雨による災害復旧工事等における前払金保証の事務処理の迅速化・円滑化について(通知)
 被災地においては、交通・郵便事情等が回復していないこと等により、災害復旧事業等の円滑な実施に支障が生じるおそれがあることから、災害復旧事業等に係る前払金保証の事務処理について、各保証事業会社対し添付のとおり通知されています。