保温保冷(熱絶縁)に関する工事、資材販売、資材製造を行なう事業者で組織された団体の一般社団法人日本保温保冷工業協会

トピックス

[基安発0329第3号]リスク評価結果に基づく労働者の健康障害防止対策の徹底について

 平成30年度の「イヒ学物質のリスク評価検討会」において、1,2-酸化ブチレン等9物質について、リスク評価を行い、今般「平成30年度化学物質のリスク評価検討会報告書(以下「報告書」という。)が取りまとめられました。一方、1-ブロモプロパンについて、ばく露実態調査の結果、高いばく露が明らかとなりました。
 また、「化学物質による労働者の健康障害防止措置に係る検討会」において、酸化チタンに係る措置の検討を中断することとし、粉状物質である酸化チタンは長期間にわたって多量に吸入すると肺障害の原因となり得るものであるため、関係業界に対し注意喚起されました。
 報告書等を踏まえ、労働者の健康障害防止対策についての添付通達が発せられました。