保温保冷(熱絶縁)に関する工事、資材販売、資材製造を行なう事業者で組織された団体の一般社団法人日本保温保冷工業協会

トピックス

「社会保険加入に積極的に取り組む企業へのPR支援」について

 平成30年1月に開催の「第2回建設業社会保険推進協議会」において、社会保険加入の取組事例を紹介している企業や、社会保険加入を進めるにあたって守るべき行動基準を採択した企業(社会保険加入促進宣言企業)へのPR支援を行うことが提示されました。(別添1参照)
 
 この度、PR用「社会保険加入促進宣言企業配布用ステッカー」と「社会保険加入促進宣言企業配布用ポスター」別添2のように作成され、『社会保険加入促進宣言企業』に配布されることとなりました。別添2はコピー不可となっております。)
 
 今後、会員の皆様におかれましても、『社会保険加入促進宣言企業』に応募いただけますよう協力をお願いいたします。

『社会保険加入促進宣言企業』の応募につきましては、都道府県毎に開催している「社会保険加入推進地域会議」(事務局は各地の国土交通省地方整備局建政部に設置)に、お問い合わせください。


社会保険加入を進めるにあたって守るべき行動基準
【元請企業】
1.工事を受注する際には施工に携わる作業員に係る法定福利費を適切に考慮し、ダンピング受注をしないこと
2.下請企業を選定する際には、法令上求められる適切な保険に加入していることを確認すること
3.施工する現場に携わる下請企業に対し、作業員を法令上求められる適切な保険に加入させることを求め、作業員が適切な保険に加入していることを確認すること
4.下請企業に対し、社会保険関係法令に関する正しい知識の普及に努め、下請指導ガイドラインに基づいた指導を行うこと
5.下請企業に対し、法定福利費を内訳明示した見積書の活用を促し、法定福利費相当額を適切に見込んだ金額で契約すること

【下請企業】
6.工事を受注する際には必要な法定福利費の額を適切に積算して法定福利費を内訳明示した見積書を提出し、ダンピング受注をしないこと
7.労働者である社員と請負関係にある者を明確に区別し、雇用する社員については、法令に従って必要な保険に加入させること
8.(再下請に出す場合)下請企業を選定する際には、法令上求められる適切な保険に加入していることを確認すること
9.(再下請に出す場合)下請企業に対し、作業員を法令上求められる適切な保険に加入させることを求めること
10.(再下請に出す場合)下請企業に対し、社会保険関係法令に関する正しい知識の普及に努め、下請指導ガイドラインに基づいた指導を行うこと
11.(再下請に出す場合)下請企業に対し、法定福利費を内訳明示した見積書の活用を促し、法定福利費相当額を適切に見込んだ金額で契約すること